NEWS

【スクラップブッキングキット Photo Life Design】
どんどん貼るアルバム → こちら

【茨城県・石岡クロップパーティ】
10月20日(金)11時~
ワークショップは「時計コラージュ」
常設「どんどん貼るアルバムコーナー」

石岡クロップパーティって? → こちら

2012年7月30日月曜日

家族になろう



先週、私の実家の埼玉へ遊びに行きました。地元の地方デパート「まるひろ」の屋上にある遊園地で遊び、昭和な気分を味わう私たち。ゲーセンのクレーンゲームできゃーきゃー遊び、帰ろうと思ったときに、ふと立ち寄ったペットショップ。夫と娘がすぐに「犬猫コーナー」へ。夫がじっと見入っていたのは一番はじっこのケージ。そこにソマリという種類の大きな猫がいました。生年月日を見ると2010年8月。2年もここにいるのかあ、と夫と二人でしんみり。だから私はペットショップはのぞきたくないんだよ・・・。夫は「かわいそうだな」とか言う。「だめだめ、そんなこと言っていたら、きりがないでしょ」といいながらエレベーターへ。

実家へ戻り、かわいい姪っ子と遊び、夕方になって茨城へ帰ることになりました。ジジババとバイバイして、車を走らせるとすぐにまた夫が「さっきのソマリ・・・」とかつぶやく。だーかーらー、忘れようとしてるのに、なんでそういうこと言う?!

でもなんだか、胸にひっかかるものもあり。いつもなら「そんなこと言ってたらうちは猫でいっぱいになるよ」と言って終わりなんだけど・・・。そんなわけで、とりあえず「お茶をするために」、まるひろへ戻った私たち。お茶をしながら、「家族会議」。うちにはすでに2匹猫がいるよね、彼らがストレスになったらどうする? 相性悪かったらどうする?  もちろん話し合いは進まず。

とりあえず「見るだけ」ということで、ペットショップへ。さっきのケージにはもちろんまだソマリがいました。ケージの前で小一時間うろうろ。じゃあ「みるだけね、ちょっとさわるだけね」ということに。

ケージから出されるとき、ソマリはとってもいやがっていました。2年間ほとんどずっとケージにいたんだもんね。外はいやだよね。対面したときも、ずっとドキドキしていたみたいで震えていました。やせていますね、って言ったら「運動していないから、筋肉が付いていないんです」って。そっか、ほとんど歩いてないんだね。なでたら、震えてた。柔らかい毛並みをしていました。・・・あー、もう触っちゃったら、自分の気持ちに嘘はつけない! というわけで「いただきます」と言っちゃった私たちでした。

思い返すと「お茶をしにデパートに帰る」ということを決めた時点で、私の気持ちは90%決まっていた。と思う。娘が「飼って欲しがって泣けばいいのに」とか思っていたし。実際、「つれて帰ろうよ」と泣かれて、「しょうがないなあ」ってシメシメだったし。とにかく、出会っちゃったんだなー、ということです。

日を改めて迎えに行き、2時間かけて茨城へつれて帰り、我が家へ到着。先輩猫たちは威嚇することもなく「増えるんだー」という反応(と思う)。新入り猫は、ずっとペットショップにいたからか、ほかの猫への拒否反応みたいなものはなく、先輩猫に威嚇することはありませんでした。でも、場所が変わって、「ここどこ?!」って怖がっています。家に着くなり、リビングの棚の奥に隠れてる。そうだよね。怖いよね。3日から5日、出てこないかもしれないとネットで読みました。

ペットショップのお姉さんにはとっても慣れていたソマリ。だから私たちもきっと2年かけたら、あれくらい仲良くなれるはず。今は、まだ心を閉ざしているけど、ゆっくり落ち着いていってくれたらいいなと思います。






大切にするからね。みんなでかわいがるからね。早く家族になりたいなー。

0 件のコメント: